子供がグズる?ファミリーキャンプで子供に役割を与えよう!

2021-04-29

最近はソロキャンプが流行っていますが、やっぱりキャンプは家族でも楽しみたいもの。

でもいざ行ってみると、ファミリーキャンプの準備と並行して子供の相手もしないといけないので、めちゃくちゃ大変でストレスが溜まった経験ありませんか?

僕は嫌というほどあります。

キャンプ場によっては、子供と楽しめるアクティビティがある場所も多いので、キャンプ選びのポイントにするのもいいでしょう。

しかし、そんなアクティビティも親が付きそう必要がある場合、やっぱり準備の時間を割かれてしまことに変わりはありません。

大人は早くテントやタープの設営を終えて、炭を熾して料理をしたり、焚き火を楽しんだりしたいでしょう。

でも子供はやっぱり待ってるだけっていうのはつまらないんですよね。

「ひまヒマ暇~」と連呼されたり、ふてくされちゃったりしてお互いにストレスになっちゃうこともしばしば。

そんなときに子供とどう過ごしたら、みんなで楽しむことができるのでしょうか。

キャンプは子供の自立心を養うとか、成長を楽しめるとかは二の次です。

今回は「子供のお手伝い編」として、子供でも手伝いやすい、楽しく手伝える設営準備をご紹介します!

子供に役割を!キャンプの流れで楽しく過ごせる!

やっぱり子供と一緒にキャンプ自体を楽しめることが最高ですよね。

特別な物を準備しなくても、ちょっとしたことで子供も夢中になれるんです。

それは「役割をあげる」こと。

大人は設営を早く終わりにしたいあまり、全てを大人だけでやろうとしてしまうから、子供のすることがなくなってしまい、暇を持て余してしまうんです。

なので子供でもできる役割をあげましょう。

もちろん完璧にこなすことは難しいかもしれませんし、大人より時間もかかるでしょう。

また、内容によっては怪我をしてしまう可能性もあるので、子供ができるかどうかをしっかり判断することも必要です。

子供ができるキャンプお手伝い

荷物運び

キャンプ場に到着です。

まずは荷物をサイトまで運びます。

その時に、子供に自分のリュックだけでなく+1つ荷物を持ってもらいましょう。

小さい子であれば寝袋1つでもボリューム感は満点。

しっかりお手伝いをしている感覚になれるはずです。

大きくなってきたらテントやボックスなど、その子が持てる重量に合わせて荷物を選んであげましょう。

きっと普段の荷物持ちのお手伝いとは違い、大喜びで持ってくれるはずです。

また、キャリーカートがあればもっと楽しく荷物運びができるでしょう。

設営準備

グランドシートを一緒に敷こう

テントの設営時、テントの下に敷くグランドシートも子供の得意技です。

シートの反対側を持って一緒に広げましょう。

思い出してください。修学旅行なんかで二人でシーツの両端を持って畳んだり広げたりした時を。

意外と楽しかった覚えがあるでしょう?

ポール持ち

タープを張る時も簡単なお手伝いがあります。

それはポールを支えること。

比較的簡単な力仕事ですが、あるとないとじゃタープ設営の難易度がだいぶ違います。

「もうちょっとだ!」頑張れ!」なんて声をかけながらポールを立ててもらえば、子供も立派に仕事を果たした自信がつくはずです。

ペグ打ち

これは子供がやりたがるトップランカーではないでしょうか。

ですが、手を怪我してしまう危険性から「ダメ!」と言ってしまう方も多いハズ。

そのせいで子供がスネてしまうことも……。

そんな時には子供にも手伝った気分を味わわせてあげましょう。

・ペグハンマーを一緒に持って打つ

・ペグを手で支えなくてもいい深さまで打ち込んで、その後子供にペグを打たせる

など、工夫次第でお手伝いは作れるんです!

テントの中

テントが無事に立ち上がったら、中の準備を子供にお願いしましょう。

テントの中のマット敷きや寝袋の準備など、ゴロゴロしながらできるお手伝いが満載です。

親としてはそこでゴロゴロだらだらしてくれていた方が助かるなんてことも……(笑)

食事準備

大抵のキャンプでは夕食は必ず、キャンプ場にチェックインする時間によっては昼食もとれる場合もあります。

大人も子供も楽しみな食事。

作る料理にもよりますが、調理には手伝えることがたくさんあります。

自分で参加した料理の味は更に格別、

せっかくのキャンプ料理、もっと子供にも美味しく味わてもらうためにもぜひ手伝ってもらいましょう。

皮むき・材料切り

まずは材料の下ごしらえです、

材料の皮むきや、包丁で切ったりするのも子供は大好き。

ピーラーなら比較的安全ですし、心配なら子供包丁を使って、柔らかめのものを切ってもらいましょう。

煮る・焼く

キャンプで多い、煮る・焼く料理も口頭指示でお手伝いできることはたくさんあります。

  • BBQで野菜、肉を裏返す
  • 焼けた食材を皿に取り分ける
  • スープなどを火にかけながら混ぜる

等々、口で言えばできることはたくさんあるんです。

後片付け

もうこのあたりになると、子供はお腹いっぱいでお手伝いどころじゃない子も多そうですが……。

後片付けも一緒にできます。

特に食器洗いなんかは家でもお手伝いすることもあるんじゃないでしょうか。

お父さんお母さんのどちらかと一緒に洗い物に行けば、もう一人は他のことをゆっくりすることができます。

焚き火の番

これはお父さんがやりたいアクティビティだと思いますが、子供にも少し楽しみを分けてあげましょう。

焚き火の火付けの時は少し火傷してしまう危険もあるので、お父さんがやった方が安心ですが、焚き火を維持するのは子供でも比較的安全にできます。

子供用に細めの焚き木を用意して、定期的に入れてもらえば、黙々と焚き火に集中してくれると思います。

太めの薪などはお父さんが置いてあげましょう。

ただお父さんは子供が火傷しないように、火バサミの使い方や火の危険性など、教えてあげましょう。

撤退準備

キャンプから帰る時も手伝ってもらえることはたくさんあります。

椅子を畳んだり、テーブルの足を拭いてもらったり…。

ただこの時には車でぐっすりの子もいるでしょうから、ゆっくりシートで座っててもらうのでもいいかもしれませんね!

子供は楽しいお手伝いが大好き!

キャンプ中にできるお手伝いをご紹介しましたが、ただ「手伝いなさい!」「あれやれこれやれ」では愉しくお手伝いをすることはできません。

お父さんお母さんも笑顔で「お願い」をすると子供たちも喜んで手伝ってくれるでしょう。

それでは良きキャンプを!