【雨の日の味方】バンガロー&コテージについて!

キャンプ
あほうどりさんによる写真ACからの写真

今回は梅雨の時期に心強い味方、コテージやバンガローについてご説明します。

また、雨天時だけでなくギアを買う前の人たちや、手軽にキャンプを楽しみたいファミリー向けにもおすすめですね。

バンガローやコテージを活用することによって、キャンプ未経験の人や、時期によってキャンプから足が離れてしまう人たちも、もっと身近にキャンプを楽しんでもらえたらいいですね!

バンガローについて

バンガローとは、キャンプ場に建てられている宿泊施設の一つです。

形はそれぞれのキャンプ場ごとにバラバラですが、基本的にはトイレやキッチン、風呂はついていない寝るだけのスペースがある施設になります。

場所によっては二段ベッドやエアコンがついているところもあるようですが、畳が6畳あるだけという所も多いです。

寝具もついていませんので、寝袋を使って泊まることになります。

バンガローの使い方

上記のように書いてしまうと、悪いところばかりだと思うかもしれませんが、最低限の設備しかない分、料金も控えめなので、テントを持っていない人には最適の宿泊方法です

また、雨の日はタープやテントの設営時、撤収時にずぶ濡れになったり、自宅へ帰ってからそれらを乾燥させたりする必要があるため、キャンプ中から、自宅へ帰った後もケアが必要になるため、時間と労力がかかります。

そのようなテントやタープを設営する時間を省くこともできますので、設営する時間を食事や遊びに充てたいという人にも向いているでしょう。

寒い時期にもテントよりは防寒ができますので、冬用の装備を持っていない人もいかがでしょうか。

 

バンガローの宿泊価格

気になるバンガローの価格ですが、キャンプ場によって異なりますが、6,000円〜12,000円円ほどのところが多いかと思います。

区画オートサイトより少し高い料金になっていますが、気軽にキャンプができるため人気の施設です。

 

バンガローまとめ

バンガローの説明でしたがどうでしょうか?

梅雨の時期や、気合いを入れて食事に時間をかけたいとき、寒い時期にも便利に利用できる施設です。

例えばキャンプの予約をとっていたけれど、当日雨になってしまった。そんな時にはキャンプ場に「バンガローに変更できないか」聞いてみましょう。

空いていれば変更が可能ですし、雨に悩まされないキャンプができますよ。

 

 

コテージについて

ではコテージとはどのようような施設でしょうか。

コテージとは、バンガローのような建物に家具と寝具、電化製品が備え付けられている施設です。

自炊も可能で、寝具もついていますので生活するには困りません。キャンプ場にある小さな一戸建てと思ってもらえればいいと思います。

コンセントももちろんついていますので、携帯の充電や電化製品の持ち込みにも対応しています。

また、トイレもついているので女性グループのキャンプなどに利用されることも多いです。

コテージの使い方

コテージはバンガローとは違い、食事に関しても睡眠に関しても道具が要りません。

キャンプに興味はあるけれど、道具はまだ持っていないという人や、バーベキュー道具だけは持っているという人にも使いやすい施設です。

せっかくキャンプ場に来ているのですから、日中は外でバーベキューをし、夜はコテージ内で食事を作るといった使い方も可能です。

荷物の量を最低限まで減らすことができるので、ツーリングでのキャンプや、あまり車が大きくない人のファミリーキャンプにも向いています。

また、グランピングでコテージを利用しているキャンプ場もあるようです。

コテージの宿泊価格

コテージは設備が充実していることもあり、金額は比較的高めに設定されています。

関東地域では8,000円~20,000円と幅広く値段設定されています。

当然ですが、高額なコテージの方が綺麗でまるで一流の別荘のような豪華な空間になっています。

ただサイト料金+キャンプ道具レンタル料金として考えればほとんどのコテージは相応の金額ですので、そこまで破格ということもないでしょう。

しっかり設備の整った建物に宿泊できると考えれば、旅館やホテルと比べて安価とも思えます。

まとめ

いかがでしたか。バンガローとコテージ。

初心者の人たちは安心してキャンプを楽しむことができ、経験者の人も普段のテントキャンプとはまた違う雰囲気で改めてキャンプを経験することができます。

私のおすすめの使い方は、キャンプ仲間を増やすために、ギアを持っていない人たちと一緒に宿泊し、食事や焚き火は自分のギアを使ってキャンプにどっぷりハマらせる方法です。

それ以外にも小さい子がいるご家族なども安心して使えますし、おむつ替えなんかもできますので、ぜひバンガローやコテージ泊もご検討ください。

それでは良きキャンプを楽しむんさね!

この記事を書いた人

プログラマー 兼 社会福祉士
オガ炭・コンパクトギア・CBを大量に使っています。ギアは変形すればするほどかっこいいです。
鉄フライパンをこよなく愛しています。
登山も始めたくてミレーのザックを買ったら大きすぎました。
堤防釣りもしてます。

もみちをフォローする
キャンプ
スポンサーリンク
もみちをフォローする
Camper’s Guild-キャンパーズギルド-

コメント

タイトルとURLをコピーしました