アルコールストーブ4種使用比較!おすすめはどれ?

2021-04-29

アルコールストーブ(以下アルスト)は軽量で手軽に使用できるバーナーです。

お湯を沸かしたり、メスティンなどで炊飯をしたりと、使っている人も多いでしょう。

今回は実際に素材の違うアルスト4種を比較して、おすすめはあるのか、燃焼に違いはあるのかを確認します。

アルコールストーブ(アルスト)とは

アルストは燃料となるアルコールを燃焼させることにより熱を発する器具です。

特殊な構造になっていて、燃料が燃えるだけでなく、周りの小さな穴から気化したアルコールにも点火して、火力を強めています。

本体の素材で最も多いのは真鍮製、その他アルミやステンレス、チタンで作られています。

本体1000円~5000円、燃料もボトル300円~500円ほどで手に入れることができるので、気軽に使える人気のギアのひとつになっています。

Amazonでもよく見かける中華製アルストについて今回はレビューしていきます。

アルストの材質別種類!

アルストと一言でいっても、材質によって特徴も異なります。

このあたりは個人の好みによって全然評価は違いますので、概要の説明を。

真鍮製

真鍮は合金の一つで、五円玉にも使われている黄色がかった素材です。

高級感がありますよね。

真鍮製のアルストといえば、トランギアやエスビットなどヨーロッパブランドが不動の人気です。

ただ、僕が真鍮製のアルストで苦手な点が一つ……。

真鍮って錆びるんです。もちろんそれが味がある・使い込んで愛着が湧くというのもあるとは思います。

でも5円玉も真鍮でできてるように、結構汚れてしまいますよね。

なので、僕は以下に載せたアルミ・ステンレスのアルストを好んで使います。

ただ、真鍮は熱伝導率が悪いわけでもなく、また消化蓋がセットで売っているものが多いので、非常に使い勝手は良さそうです。

アルミニウム

アルミ製のアルストはとにかく

・熱伝導がいい

・軽い

この2大メリットに尽きます。

今回買った一つもアルミ製のアルストです。

蓋付きです(シリコンのパッキンなので火消しには使えません。)

価格は税込み837円でした。

このメーカーは他にもステンレス/チタンの薪ストーブなんかも出してるので、比較的購入している人は多そうですね。

アルミ製のデメリットを挙げるとすれば、

・焼色がつかない

・柔らかい

蓋なんかは特にペコペコするくらい柔らかいです。

例えるなら、桃屋の瓶詰めの蓋を開けたあとのペコペコ感。

あれくらいで簡単に凹んでしまいます。

本体は少し厚めのアルミなので少し丈夫ですが、それでも真鍮やステンレスに比べて凹みやすいです。

ステンレス

僕が買ったもう一つはステンレスのアルスト。風防&五徳付きで1090円です。

安いです。さすが中華製価格と言わざるを得ません。

ステンレスの